架空の猫の雑記帳

だらだらと趣味を楽しみつつ米国株で早期リタイアを目指すブログ

2020年5月第3週の資産状況 (+340万円)

f:id:kakuneko:20200113134202j:plain

2020年5月第3週(5月11日)の資産状況です。

現在約6100万円、先週から約340万円上昇

先週から以下の結果となりました。(現金は省略。50万円くらい)

総資産は約6100万円。先週から約340万円の上昇です。

種類 名前 5月11日 先週から 2020年から
日本株 ミツコシイセタン 6万3500円 -600円 -3万4900円
米国株ETF VGT 5859万0168円 +346万7417円 +46万4339円
iDeCo iFree NY
ダウ・インデックス
236万2702円 -6万5403円 -43万7014円
合計 - 6101万6370円 +340万1414円 -7575円

f:id:kakuneko:20200510203159p:plain

総資産6000万円まで復活! ついに今年の始めの額に戻る

でかした!

というわけでついに総資産は6000万円まで戻り、今年の1月初めと同水準に到達しました。これでようやくプロフィール欄の総資産6000万円の表記も正しくなりましたよ。

2月に始まったコロナショックにより一時は2000万円以上資産が減りましたが、その底値からわずか2ヶ月も経たないうちにここまで回復したわけです。世界がその気になればなんとかなるものですね。

先週に関してはやはりVGTの5日連続上昇が効きました。雇用統計によって最悪の失業率が示されたのも関わらず、株価は上がり続けています。

「実体経済が反映されていない」「インチキ相場」みたいな事も言われすますが、そんな事を個人投資家が世界に問うてもあまり意味はありません。

結局のところ、そのような状況において「どうやって利益を得るか?」もしくは「損をしないようにするのか?」を考え、そして自分なりに対応していく事が重要かと思います。

とりあえず、私としてはこの状況を素直に喜んでいます。正直、ここまで1年~2年くらいはかかるものだと思っていましたので。(あまり喜びすぎるとまたフラグが立ちそうですが)

底値でほとんど買い増し出来なかったのは残念ですが、現時点までは脳死ホールドで正解だったと思っています。

今後について

ウイルス感染は一応のピークが見られており、すでに多くの国が経済活動の再開に向けて動いています。治療薬についても日本では既にレムデシビルが承認済み。アビガンについても5月中の承認が進められている状況です。

とまあ、これだけ聞くと今後も安泰のように見えますが、そう簡単には行かないでしょう。経済活動再開によるウイルスの再流行の危険性や、実体経済の影響、まだまだ問題は山積みです。

それに仮に経済活動の再開が上手くいったとしても、悲観的な状況下で何故か株価が上がったように、今度は楽観的な状況下で何故か株価が下がる、なんて事もあるかもしれません。

ただやはり長期で見れば米国経済は成長し続けると思っています。特に我がVGT(ハイテク株)には大きく期待しています。

おわりに

とりあえずなんとかここまで戻る事が出来ました。まだまだ不安要素はあるものの、私なりの投資方針で突き進みたいと思います。

さて皆さん、今週も頑張っていきましょう。